Top >  キャッシング・消費者金融・ローンの重要用語解説 >  ノンバンクに関する用語 >  ノンバンク社債発行法

ノンバンク社債発行法

ノンバンク社債発行法とは、ノンバンクが社債の発行を通じて貸付のための資金調達ができるようにした法律のことです。
正式名称は「金融業者の貸付業務のための社債の発行等に関する法律」といいます。
ただし、投資家保護などのため、同法施行令では、貸付業務のための社債発行が可能なノンバンクには、
・最低資本金額10億円
・金銭の貸付にかかる審査の業務に3年以上従事した者が2名以上いること
という規定があります。
また、経営情報の開示も義務づけられています。

スポンサードリンク

         

キャッシング・消費者金融・ローンの重要用語解説

ノンバンクに関する用語

関連エントリー

ノンバンク社債発行法 ノンバンク・バンク


お知らせ
サイト運営元が変わりました。
以前相互リンクいただいたかたのページが消失してしまいましたので、 大変お手数かけますが、相互リンクご希望のかたは 再度リンク申請いただけますようよろしくお願いします。
(2006年10月10日)
スポンサードリンク
更新履歴