Top >  キャッシング・消費者金融・ローンの重要用語解説 >  貸金業に関する用語・法律 >  貸金業規制法(貸金業の規制等に関する法律)

貸金業規制法(貸金業の規制等に関する法律)

貸金業規制法とは、貸金業者に対する法規制のなかで業務面を規制する法律で、貸金業法とも呼ばれています。
この法律と同時に改正された出資法と合わせて、「貸金業規制二法」と呼ばれたり、利息制限法も含めて「貸金業関連三法」と呼ばれてます。

主な規制内容としては、過剰融資の禁止、開業規制としての登録の義務、契約書面や受取証書の交付義務、取立行為の規制、債権証書返還義務や債権譲渡などの規制、監督方法としての立入検査や違反者への業務停止、登録取消などの行政処分や一定の刑罰の規定、などがあります。

スポンサードリンク

         

キャッシング・消費者金融・ローンの重要用語解説

貸金業に関する用語・法律

関連エントリー

貸金業規制法(貸金業の規制等に関する法律) 利息制限法 貸金業者 貸金業者の業務運営に関するガイドライン 貸金業者の業務運営に関する通達


お知らせ
サイト運営元が変わりました。
以前相互リンクいただいたかたのページが消失してしまいましたので、 大変お手数かけますが、相互リンクご希望のかたは 再度リンク申請いただけますようよろしくお願いします。
(2006年10月10日)
スポンサードリンク
更新履歴